門司区で肩こり・頭痛なら

今日は肩こり、頭痛についてです。

 

整骨院に良く来院があるのが、もともと慢性的な肩こりがあって、

「荷物をいっぱい持った」「デスクワークが増えた」など、

慢性的+いつもより負担がかかる事をして、首や肩が痛くなったケースで来院される方が多いです。

 

 

 

肩こりにマッサージは良いの?

 

 

「寝違え」や「物を持ち上げた時にズキッ!となった」場合などは、マッサージをすると逆効果です。

 

炎症を起こしているので、痛みを助長してしまう可能性があります。

 

慢性的な肩こりの場合は、OKです。

 

筋肉をほぐす事によって、その時は血流が良くなり痛みも軽減します。

 

ただ、根本的な原因を治さないと、すぐに「肩こり」が再発してしまいます。

 

「マッサージをして、その時は良いが、次の日には痛みがでる」

 

「気持ちはいいけど、いまいち痛みの軽減にはならない」など、

 

本当の原因は、「骨盤の歪み」「猫背」「筋力不足」などによるもので、マッサージでは良くならない場合がほとんどです。

 

特に何事も便利になった現代では、運動不足による筋力不足が世界的な問題になっています。

 

ウイルスと同様、目に見えるものではないので気に留めない方がほとんどです。

 

人は30を迎えると、何も運動をしなければ毎年1パーセントの筋肉が減っていくといわれています。

 

その結果代謝が低下し、減った筋肉の代わりに中性脂肪がたまってしまいます。

 

 

 

 

 

けんぞう整骨院、肩こりの治療の流れ

 

当院では、肩こりに対して色々な治療方法があります。

 

「肩こり」と一言でいっても、原因は様々です。

 

そこで当院では、患者様にベストな治療提案が出来るように、「姿勢」や「可動域」の写真を撮ります。

 

 

正しい姿勢   正しい姿勢 首

 

 

この写真を元に、患者様一人一人に合った、ベストな治療方法を提案します。

 

「骨盤のずれ」「猫背や姿勢の悪さ」「筋力不足」など、

 

肩こりの本当の原因にアプローチしていきます。

 

一時的に良くするのではなく、今後、痛みが出にくい体を目指していけたらと思います。

 

肩こりの改善例

 

30代女性 事務職

 

1)問診

 

肩から首にかけて重苦しい感じがあり、時々左の肩甲骨の内側に痛みが出る。

10年以上症状があり、最近では頭痛が出る日もある。

湯船につかり体があったまると少し楽になるが、次の日の仕事中に症状が出てくる。

 

 

2)視診・触診

 

骨盤が前傾し腰椎の反りが強く出ている。

左の肩甲骨が下がり、肩がやや内に巻いている。

肩甲骨周囲の筋肉の緊張。

 

 

3)原因

 

この女性の場合は、デスクワークによる日常生活の負担もありますが、

一番の原因は、「姿勢が悪い」事でした。

骨盤が前傾し、肩が内側に巻いている為、首~肩にかけて筋肉が常に緊張している状態でした。

首~肩をマッサージしても、「姿勢の悪さ」を治さない限り、痛みがすぐに戻ってしまいます。

 

 

4)施術後の経過

 

骨盤の前傾の改善、矯正による巻き肩の改善、肩甲骨の動きの改善を行いました。

また、自宅や職場でも出来る、ストレッチやエクササイズをお伝えしました。

3回目の施術後には、姿勢が改善され、首~肩にかけての重苦しい感じが改善されました。

今でも症状は落ち着いています。

 

 

肩こりではない場合もある!?

 

五十肩などの肩関節周囲炎や、腱板損傷といった場合なども、肩に痛みがでてきます。

ただの肩こりと思っていた症状が実は違った・・・という事も良くあります。

肩に普段と違う痛みがある場合は、ただの肩こりと思わず医療機関を受診する事をおすすめします。

 

肩の痛み 「腱板損傷」

 

肩の痛み 「五十肩」

 

 

 

 

けんぞう整骨院の特徴

 

北九州市門司区のけんぞう整骨院

 

 

 

 

 

けんぞう整骨院 門司院

 

 

住所:北九州市門司区社ノ木2丁目5-1

 

タップして電話する