背中の痛み ぎっくり背中

門司区で背中の痛みなら、けんぞう整骨院

 

今日は「ぎっくり背中」についてです。

 

 

背中の痛み

 

あまり聞かないと思いますが、簡単に言うとギックリ腰の背中バージョンです。

 

 

どんな時に発症する?

 

何か物を取るときに背中に「ピキッ」と痛みが走った。

スポーツをやっていて痛めた。

朝起きて、ふり向いた際に痛めた。首を動かした際に痛めたなどです。

 

 

どんな症状?

 

一般的に首を動かすと痛い。腕をあげると痛い。酷い場合は呼吸をすると痛いなどの急性症状がでてきます。

 

 

ご自宅で出来るセルフケア

 

冷やす

受傷後2〜3日間は炎症が起きてる期間です。氷などで良く冷やして下さい。冷やす時間はズキズキした感じが無くなるまで、感覚が鈍くなるまでが目安です。

だいたい個人差はありますが、15分前後を目安ににしたら良いと思います。

ただ、冷やすと変な感じになる時はやめて下さい。

 

圧迫する

コルセットやサラシ、テーピングなどを持ってる方は患部を圧迫して下さい。

圧迫する事で、患部を安静にする事ができ、痛みの軽減、治るまでの期間が短くなります。

テーピングをする場合は患部を圧迫するように貼っていきます。背骨に平行に貼る、または患部を中心に✖️になるように貼ると良いです。

 

お風呂

受傷後3日間はシャワー程度にして下さい。

温めると悪化します。

 

けんぞう整骨院でも、先日ぎっくり背中の患者様が来院しました。

首を動かせず、呼吸すると痛いと言っていましたが、2回の施術で首の可動域も正常範囲に戻り、かなりの改善がみられました。

これから、寒くなって来て身体を痛めやすい時期になります。

日頃からのケアが1番大切です。けんぞう整骨院では、ご自宅で出来るセルフケアの方法なども教えてます。

ストレッチを5分するだけでも、身体にはすごく良い事ですので、ぜひやってみてください。

 

 

ギックリ背中に似た症状

門司区で腰痛、ぎっくり腰の治療なら 

 

 

北九州市門司区のけんぞう整骨院

北九州市門司区社ノ木2丁目5-1

 

093-382-6855

 

門司区の「けんぞう整骨院」